夜型の生活習慣が太る原因をつくっている可能性があります。その典型が、都会に暮らす人に多い、深夜の食事習慣。22時以降、翌2時までの間の食事は、太る原因になります。脂肪を体内に溜め込むたんぱく質にBMALl (ビーマルワンと読みます)という物資があります。ビーマルワンは、この深夜の時間帯になると、昼間の2。倍も多く分泌されるために、この間にとった食事は脂肪がつきやすく、結果、太るということになります。夫婦共働きという生活、あるいは居酒屋の後、終電前のラーメン屋立ち寄りは、ビーマルワンの効果テキメンです。深夜組のもう一つの生活パターン、睡眠時間が短いというのも、太る原因になります。睡眠時間が4時間以下になると、脳に対して満腹信号を送り、摂食行動をストップさせる働きを持つホルモンである「レプチン」の分泌が減少し、逆に、摂食行動を促す信号を送るホルモンである「グレリン」の分泌が増加してくるのです。結果として、いつも何かを国にしていたい、あるいは、食べている感覚がない、という現象に陥ります。このように、「深夜生活」は、太る原因となり、太る体質をつくるという、太る×2乗の計算式を提供してくれているのです。夜食を止めなさい、早く寝なさい、の言葉の裏には、こんな科学的な根拠(エビデンス)が隠されていたのです。

 

ところで、昔から、いわれてきた「腹ばかり」に腹八分目があります。いわゆる腹八分目とは、どれくらいの分量を示しているのでしょうか。たとえば、夕食の腹八分目といった場合は、寝る前に心持ち空腹感があり、何かちょっと食べたいなと思うくらいの腹加減だということです。この場合次の日の朝、朝食が待ち遠しく感じられたり、朝食がとてもおいしかったという実感となって、お腹が応えてくれます。しっかり食べて、寝る前に空腹感がない状態であれば、腹十分目の腹加減。家族の残り物を「もったいない」と口にして、寝る前にお腹がもたれている状態であれば、腹十三分日の腹加減となります。逆に、夜中に目が覚めてしまうほど空腹感があるような状態は、腹六分目の腹加減と考えられます。小腹が空いた、という感覚で、毎日の就寝を迎えられれば、腹ばかりの精度は高いということになるでしょう。


このページの先頭へ戻る