セルライト解消方法まとめ記事一覧

肥満解消のための教育では、この「外発反応性」にヒントを得て、いろいろな視覚的教材を用いた体験学習が効果を上げています。たとぇば、「2。歳のときから比べると、体重はどれくらい増えましたか?」と聞いたとします。「増えた分のほとんどが体脂肪ですね」と、さらに情報を追加するとします。聞かれた方は、「10キロぐらいですよ」と答えます。そこで、身の回りのものから10キロに相当するものをイメージしてもらうのです...
英国の研究(UKPDS)によると、2型糖尿病の人がHbAlcの値を1%下げると、三大合併症の発現頻度はマイナス25%まで減り、心筋梗塞や関連死もそれぞれマイナスЮ%と減少しました。また、日本の研究(日本糖尿病予防プログラム)では、平均して2キロの減量を維持できれば、糖尿病への移行率はほぼ半減し、糖尿病予防に寄与したと報告しています。減量の効果については、米国でも、北欧でも、程度の差こそあれ、糖尿病...
とはいえ、誰もがそうなるというわけではありません。合併症が起きるかどうかは、HbAlc (ヘモグロビン・エーワンシー)という血液検査値のチェックによって大まかな予測が立ちます。つまり、この検査値がある値を超えないように注意し、定期的に観察していくことが大切なのです。昨年、健康診断を受けたからと、今年スキップしてしまう人は、この値の変化に気づかないということになります。このHbAlcは、検査日前の1...
糖尿病は、かなり血糖値が高くならないと自覚症状が現れません。その自覚症状とは、のどが渇く、トイレの回数が増える、体重が減ってくるなどです。糖尿病発症前に肥満を経験されている方がとても多いことから、体重の減少は一瞬、士口報のように聞こえます。でも、運動もしてないのになぜ痩せるのでしょうか。 この時点で、さらにのどの渇きも覚えるようなら、糖尿病が発症している可能性があります。ようやくカラダが教えてくれ...
肥満と密接な関係にある糖尿病(生活習慣が引き金となる2型糖尿病)について触れてみましょう。糖尿病という病気は、患者でないうちから、つまり発症前から、多くの人が体重増加を経験しているのが特徴です。そして、肥満すると必ずと言っていいほど膵臓がダメージを受けるのです。膵臓は、インスリンというホルモンを製造・分泌して、糖代謝をつかさどる臓器です。慢性的な肥満によって、あるいは食べ過ぎ・飲み過ぎでインスリン...
夜型の生活習慣が太る原因をつくっている可能性があります。その典型が、都会に暮らす人に多い、深夜の食事習慣。22時以降、翌2時までの間の食事は、太る原因になります。脂肪を体内に溜め込むたんぱく質にBMALl (ビーマルワンと読みます)という物資があります。ビーマルワンは、この深夜の時間帯になると、昼間の2。倍も多く分泌されるために、この間にとった食事は脂肪がつきやすく、結果、太るということになります...
日本人は、アルコールを介して仲間とコミュニケーションをとる「飲み会」文化を持っています。ただ日本人は、他の人種と比べてアルコールが弱い体質の人が多くいますし、そういった人で鍛えられてアルコールが強くなったというタイプの中には、糖尿病性神経障害になる人がいるので、注意が必要です。「酒量を減らさなければいけないと思ったことがある」「酒を飲むことを批判されていらだったことがある」「飲酒に後ろめたい気持ち...
「水を飲んでも、太るのよねぇ、お母さんは」「便秘気味だから、太りやすいのよねぇ、お母さんは」「お母さんのように、ちょっと小太りぐらいのほうが、一九気で長生きできるのよ」「今から、健康ランドのサウナで汗かいてくるわね」「黒酢を飲んで、痩せることにしたわ、お母さん」子どもは母親の言葉を信じるしかありません。素直にその行動をまねれば、その子は間違いなく母親と同じ体型になっていきます。さて、ではなぜお母さ...
ただそれだけで片付けられてしまうのでは、健康な生活は成り立ちません。イギリスの調査によると、夫婦どちらかが糖尿病であると、もう片方も糖尿病になるリスクは2倍になると報告されています。何か具体的な対策が必要です。逆の発想をすると、仲が良い似たもの夫婦こそ一緒に減量に取り組むことができるはず。 一緒に「朝食を摂る」「飲み過ぎない」「寝る前には飲食しない」「毎日、体重計にのる」などです。健康習慣の中に、...
男性は、Ю代、20代には肥満が少ないのに対して、30代になると3割が肥満になります。例えば、あなたの会社の3。歳を迎えたばかりの男性社員をよく見てくださぃ。3。歳になった頃には、スリムな体型を維持できなくなり、頬や腰周りがふっくらとしてきた人が必ずいるはずです。男性の場合、肥満者の割合は、4。代、5。代、6。代とほぼ横ばいの3割キープですので、3。代に入った段階で、おおよそ、彼は将来も太り続けるグ...

このページの先頭へ戻る